next サポートサイト support site

インターンシップの参加日程を自動で反映させる方法

 

 

はじめに
★キャリタスcontactには友だち情報に日程を自動で反映する機能があります。
 
例えば、インターンシップ参加時に読み取る追跡QRコードで「読み取った日付も反映したい」という場合に、友だち情報に日付を自動で反映させる設定にしておくことができます。
イベントが複数ある場合、または開催日程が複数ある場合などに各日程の情報を友だち情報やタグで作成することなくイベントに参加した友だちが特定できます。
 
<イメージ>
 
 
ポイント
★アクション設定ができる箇所で設定が可能なため、追跡QRコード以外の機能でも[date]代入機能が使用できます。
 
 
 
 

設定方法

★実際の設定方法を解説します。

※今回は例として、「追跡QRコード」機能の設定画面で設定を行います。

 

 


左メニュー「コンテンツ」「追跡QRコード」をクリックします。
〔+新しい追跡QR〕ボタンをクリックします。
 
 
 
 
 
 

②-1『追跡QR名』を入力します(管理用なので学生側には表示されません)
 
②-2『QRコード表示用テキスト』を入力します。
 
こちらに表示されるテキストです。

 
 
②-3『アクションを設定する』ボタンをクリックします。
②-4『友だち情報操作』日程を代入する友だち情報欄を選択し、【定数】【[date]】を【代入】する設定にします。
②-5〔この条件で決定する〕ボタンをクリックします。
 
 
 
 
 
 

③-1『友だち追加時設定』【無視する】【無視しない】を選択します。
 
 
無視する流入経路から友だち登録された場合、「友だち追加時設定」のアクションを無視します。

無視しない友だち追加時設定」のアクションが反映された後にこの流入経路のアクションが反映されます。

※「無視する」「無視しない」の設定に関わらず、流入経路のアクションでシナリオを操作している場合、「友だち追加時設定」のシナリオは配信されません。

 
③-2『アクションの実行』【いつでも】【初回の友だち追加時のみ】を選択します。

 

いつでもQRコードを開くたびに、何度でもアクションが実行されます。

初回友だち追加時のみ初回の友だち追加時のみアクションが実行されます。
             LINE友だち登録の流入経路を計測する際はこちらをご利用ください。

 

 
③-3〔登録〕ボタンをクリックします。
 
 
 
 
 

④追跡QRコード一覧画面に戻りますので、作成した追跡QRコードのURLまたはQRコードをコピーして外部サイトなどに貼ってお使いください。
※ここでコピーしたURLまたはQRコードのみ分析可能です。
 
 
 

 

 

 
 
 
 
 
 
(Visited 276 times, 1 visits today)

日付,date,date機能,参加日