内定者向けリッチメニュー作成事例

はじめに
内定者向けの専用リッチメニューを作ることで、内定者フォローがさらに強力になります。今回は内定者メニューの3つの具体例をご紹介します。

<イメージ>

 

 

 

PDFデータをメニューから配布する

<イメージ>

 

内定者向けにPDF形式のマニュアルをLINEから確認できるようにすることもできます。

 

「マニュアルをなくした」「忘れたのですぐに見れない」などの防止にも繋がりますし、インターンの交通費や給与形態・日報などのルールがいつでもチェックできるようになり、学生からも好評です。

 

 

 

 

 

設定方法

★リッチメニューからPDFデータを配信する方法を解説します。

 

左メニュー「コンテンツ」「登録メディア一覧」をクリックします。

①〔PDFアップロード〕ボタンをクリックします。

 

 

 

 

 


②〔ファイルを選択〕ボタンをクリックし、アップロードするPDFを選択します。
③PDFのアップロードが完了した後、発行されたURLの〔コピー〕ボタンからURLのコピーができます。
 
 
 
<すでにアップロードしたPDFをみる方法>


右上のPDFにチェックを入れ、【表示変更】をクリックするとアップロードしたPDFのみ表示されます。

 

 

 

 

 


左メニュー「プレミアム機能」>「リッチメニュー」をクリックします。
④PDFを配布したいリッチメニューの〔編集〕ボタンをクリックします。
 
新しくメニューを作成される場合はこちら
 
 
 
 
 

⑤タップしたときにPDFファイルを開きたいボタンの挙動を【URLを開く】にします。
『表示方法』を選択します。
③でコピーしたPDFのURLを貼り付けます。
〔登録〕ボタンをクリックして設定完了です。
 

 

 

 

 

Q&Aの使用例

<イメージ>
 
次にメニューの「内定者Q&A」についてご紹介します。

 

内定者Q&Aには「内定者ならではのよくある質問や疑問」をまとめており、これも同様にLINEからいつでも見ることができます。

 

 内定者Q&Aのボタンをタップすると、「入社の疑問」「仕事の疑問」「社宅の疑問」「各種申請方法」の4項目が現れ、スムーズに気になる質問へたどり着くように設計しています。

 
 
 
 
 
 

設定方法

★Q&Aの作成、設定方法を解説します。

 


まずはじめに、Q&Aの答えとなる部分のメッセージを作成します。
 

 

 

 

 


左メニュー「メッセージ」>「テンプレート」をクリックします。
〔+新しいテンプレート〕ボタンをクリックします。
 
 
 
 
 

『テンプレート名』を入力します。(管理用なので学生側には表示されません)
『テキスト』タブ『本文』を入力します。
〔テンプレート登録〕ボタンをクリックします。
 
※設定したいQ&Aの個数分①~④の手順で作成を行ってください。
 
 
 
 
 

次にQ&Aの項目の一覧となる部分を作成します。
 
 
 
 
 

左メニュー「メッセージ」>「テンプレート」をクリックします。
〔+カルーセル作成(新)〕ボタンをクリックします。
 
 
 
 
 

『テンプレート名』を入力します。(管理用なので学生側には表示されません)
『タイトル』「Q&A」と入力します。
『本文』を入力します。
 
 
 
 
 

『選択肢名』を入力します。
『アクション実行』を選択します。
〔アクション設定〕ボタンをクリックします。
『テンプレート送信』で、③~④で作成したテンプレートを選択します。
〔この条件で決定する〕ボタンをクリックします。
 
 
 
 
 

〔+追加〕ボタンをクリックして選択肢を追加し、⑨~⑬の手順で設定を行います。
⑮すべての設定が完了したら〔テンプレート登録〕ボタンをクリックします。
 
 
 
 
 

最後にリッチメニューのボタンをタップすると作成したQ&Aのテンプレートが表示されるように設定を行います。
 
 
 
 
 

左メニュー「プレミアム機能」>「リッチメニュー」をクリックします。
〔編集〕ボタンをクリックします。
 
 
 
 
 

⑯タップしたときにQ&Aを表示したいボタンの挙動を【アクション】にします。

〔アクション設定〕ボタンをクリックします。
『テンプレート送信』⑤~⑮で作成したテンプレートを選択します。
〔この条件で決定する〕ボタンをクリックします。
 
 
 
 

〔登録〕ボタンをクリックして設定完了です。
 
 
 
 
 

SNSを使った事例

 
メニューにインスタグラムなどのSNSのリンクを設置することで、学生が見たいタイミングで自由に閲覧する事ができます。
職場環境や先輩社員などの写真を繰り返し見てもらうことで、実際に働くイメージを感じてもらい、会社への帰属意識を高めるなどの効果が見込めます。
 
 
 
 
 

設定方法

★SNSのリンクをタップしたときに直接アプリ上で表示させる方法を解説します。

 


左メニュー「プレミアム機能」>「リッチメニュー」をクリックします。

①SNSリンクを設定したいメニューの〔編集〕ボタンをクリックします。

リッチメニューの作成がまだの方はこちら

 

 

 

 

 


①SNSリンクを設定するボタンで【URLを開く】を選択します。

『表示方法』を選択します。

③ 下記の形式でURLを入力します。

 

 

 

 

 

 


⑤〔登録〕ボタンをクリックして設定完了です。

 

 

 

 

 

ページID・ユーザーネームの調べ方

 

 

<Twitterの場合>


URL入力欄に「https://rua.jp/tw/@●●●」と入力します。

    欄にはユーザーネームをいれてください。

 

 

 

 

<Instagramの場合>


URL入力欄に「https://rua.jp/i/●●●」と入力します。

    欄にはユーザーネームをいれてください。

 

 

 

 

<Facebookの場合>


「ページ情報」>「ページID」に表示されている数字がIDとなります。

URL入力欄に「https://rua.jp/f/123456789012345」と入力します。

    欄にはページIDをいれてください。

 

 
 
ポイント

・普段から傍にあるスマホにマニュアルやFAQが用意されているのは、内定者にとってはとても心強く、また人事側の負担も減らすことが可能です。
・メニューの内容により目的にあったフォローの仕方が様々な形で行えます。

 
 
 
 
 
 

(Visited 10 times, 1 visits today)

この記事は役に立ちましたか?

内定者フォロー,リッチメニュー,内定者項目,内定者事例