登録元ごとのQRコード作成方法

はじめに
★「追跡QRコード」を使えば流入元の特定を行うことができます。
例えば、会場ごと・媒体ごと・担当リクルーターごとなど流入元分けることで、その後のアクションを設定したり表示されるリッチメニューなどの内容を変えることができます。
また、どの流入元からの登録が多いか特定することで分析に役立てることもできます。

 

<イメージ>

 

 

 

 

 

 

登録元ごとにタグを作成

 


まずはじめに、流入元タグを一カ所にまとめておくためのフォルダを作成します。

左メニュー「友だち属性」>「タグ管理」をクリックします。

〔+新しいタグフォルダ〕ボタンをクリックします。

『タグフォルダ名』を入力し〔決定〕ボタンをクリックします。

 

 

 

 

 


③ ①~②で作成したタグフォルダ内で〔+新しいタグ〕ボタンをクリックします。

『タグ名』を入力し〔決定〕ボタンをクリックします。

例)イベントA、イベントB、ホームページ など

 

 

 

 

 


追跡QRコードを作成したい登録元の数だけ③④の手順でタグを作成しておきます。

 

 

 

 

 

QRコードの作成

 

左メニュー「コンテンツ」「追跡QRコード」〔+新しい追跡QR〕ボタンをクリックします。
 
 
 
 
 

『追跡QR名』を入力します。(管理用なので学生側には表示されません)
『QRコード表示用テキスト』を入力します。(任意)
 
 
 
 
 
③-1 〔アクションを設定する〕ボタンをクリックして「登録元ごとにタグを作成」で作成したタグを選択します。
③-2 〔この条件で決定する〕ボタンをクリックします。
その他アクション設定でできることの詳細はこちら
 
『友だち追加時設定』を選択します。
無視する→ 友達登録時設定は反映しない。
無視しない→ 友達登録時設定が反映された後に、アクションが反映されます。
※追跡QRのアクション設定でシナリオ操作を設定した場合、「無視する」「無視しない」設定に関わらず友だち追加時のシナリオは配信されません。
 
⑤ ③で設定したアクションの実行を毎回行うか、友だち追加時のみ行うか選択できます。

 

 

 

 

 


⑥〔登録〕ボタンをクリックします。
 
 
 
 
 

読み込んだQRコードごとに送信するメッセージを変更したい場合

 

★登録元ごとに送信するメッセージを変えたい場合の方法を解説します。

※先に送信するメッセージを作成してください。メッセージの作成方法はこちら

 


左メニュー「コンテンツ」>「追跡QRコード」をクリックします。

①メッセージ送信を変更したい追跡QRコードの〔編集〕ボタンをクリックします。

 

 

 

 

 


〔アクションを設定する〕ボタンをクリックします。

『テンプレート送信』で送信したいテンプレートを選択します。

〔この条件で決定する〕ボタンをクリックします。

 

 

 

 

 


〔更新〕ボタンをクリックします。

友だち登録時にメッセージを分けたい流入元が複数ある場合は、①~⑤の手順で流入元分設定を行ってください。

 
 
 
 
 

QRコードを使う

 

★作成したQRコードを実際に使用する場合の活用例をご紹介します。

 


左メニュー「コンテンツ」>「追跡QRコード」をクリックします。

QRコード名の下に表示されている〔コピーマーク〕もしくは〔QR〕ボタンをクリックしてURLまたはQRコードをコピーします。

 

インターネット上での流入元を特定したい場合は、URLかQRコードの画像を外部サイトなどに貼ってお使い下さい。
※ここでコピーしたURLまたはQRコードのみ分析可能です。

 

説明会などオフラインでの開催イベントから友だち登録してもらいたい場合は、〔QR〕ボタンから出したQRコードを保存してプリントし友だち登録してもらうという方法も行えます。

 

 

 

 

 

 

関連動画

 

★インターンシップ参加QR、お礼メッセージの使い方の動画はこちらから視聴できます。

 

 

LINEで読み込むQRコードの作成方法をご紹介します。

活用例として、インターンシップへ参加いただいた学生へQRコードを読み込んでもらい、

参加タグとお礼メッセージを配信することができます。

 

 

 

 

 

(Visited 109 times, 1 visits today)

この記事は役に立ちましたか?

QRコード作成