メッセージに個人の情報を差し込んで配信する方法

更新

はじめに

★「メッセージに友だちの名前を入れたい」「説明会などの予約確認時に、友だちが予約している内容を表示させたい」などの場合、一人ひとりに合わせてメッセージを作成する必要はなく、「名前」や「友だち情報欄」の挿入をすることで、自動的に友だちに合わせた内容のメッセージを送信することができます。

<イメージ>

 

 

 

 

メッセージ内に友だちの名前を挿入したいとき

 

準備

 
メッセージ内に表示させることができる友だちの名前は以下の通りです。
 
①LINE登録名
②本名
③システム表示名
 
どの名前を表示させたいか優先順位を決めることができますので、こちらの設定から行ってください。
 
 
 
 

 


左メニュー「設定」>「アカウント設定」をクリックします。

『管理画面設定』タブに切り替えます。

 

 

 

 

 

 


②画面を下にスクロールし、『システムで表示する名前の優先度』の選択肢から選びます。

〔設定を保存〕ボタンをクリックします。

 

 

 

 

 

設定方法

 

次に、実際に送信するメッセージの作成を行います。

 


左メニュー「メッセージ」>「テンプレート」をクリックします。

〔+新しいテンプレート〕ボタンをクリックします。

 

 

 

 

 


②『テンプレート名』を入力します。(管理用なので学生側には表示されません)

③メッセージ本文を入力します。このとき、友だちの名前を挿入したい箇所で〔名前〕ボタンをクリックしてメッセージ内に名前と反映させます。

〔テンプレート登録〕ボタンをクリックします。

 

 

 

 

 

メッセージ内に友だち情報を挿入したいとき

 

準備

 
★友だちが予約した日程の案内をメッセージ内に自動反映させたい場合、予め友だち情報を作成し、設定しておく必要があります。
下記のどちらかの方法で予約画面を作成してから、このページの設定を行ってください。
カルーセルで予約を受け付けたい場合はこちら
※イベント予約で予約を受け付けたい場合はこちら
 
 
 
 

設定方法

 

次に、実際に送信するメッセージの作成を行います。
 
 

左メニュー「メッセージ」>「テンプレート」をクリックします。

〔+新しいテンプレート〕ボタンをクリックします。

 
 
 
 
 

②『テンプレート名』を入力します。(管理用なので学生側には表示されません)
③メッセージ本文を入力します。
このとき、友だち情報を挿入したい箇所で〔友だち情報〕ボタンをクリックしてメッセージ内に反映させます。
④最後に〔テンプレート登録〕ボタンをクリックし、メッセージの登録を完了させます。
 
 
 
ポイント
他にも、友だち情報を活用して、イベント参加後のお礼メッセージに一人ひとりに合わせた所感などを挿入することも可能です。

 

 

 

 

 

(Visited 71 times, 1 visits today)

この記事が役に立ったら「いいね」を押してください!

メッセージへ情報の代入