参加者用QRコードの作成方法

はじめに
★説明会や選考会に参加してくれた学生にQRコードを読み込んでもらうと、それぞれのイベントごとに参加者の特定や参加日程の取得を自動で行うことができます。
まだLINE登録していない学生にもLINE登録を促すことができます。

 

<イメージ>

 

 

 

 

 

 

日程代入用の友だち情報欄を作成する

 

★参加日程を登録する為の友だち情報欄を作成します。

 


左メニュー「友だち属性」>〔+新しい友だち情報欄〕ボタンをクリックします。

 

 

 

 

 


『友だち情報欄名』に「(イベント名)日程」と入力します。

『種別』を【標準】にします。

『既定値』を任意で設定します。

〔更新〕ボタンをクリックして友だち情報欄の設定は完了です。

 

 

 

 

 

QRコードの作成方法

 

★友だち登録を行う際に使用するQRコードを作成する方法を解説します。

「追跡QRコード」から友だち登録QRコードを作成することで参加イベント、日程の特定ができるようになります。

 


左メニュー「コンテンツ」>「追跡QRコード」をクリックします。

〔+新しい追跡QR〕ボタンをクリックします。

 

 

 

 

 


『追跡QR名』を入力します。(管理用なので学生側には表示されません)
『QRコード表示用テキスト』を入力します。(任意)
〔アクションを設定する〕ボタンをクリックして『友だち情報操作』で「日程代入用の友だち情報欄を作成する」で作成した友だち情報を選択し【定数】【〔date〕】を【代入】する設定にします。
 
 
 
 
 
その他アクション設定でできることの詳細はこちら
 
『友だち追加時設定』を選択します。
無視する→ 友達登録時設定は反映しない。
無視しない→ 友達登録時設定が反映された後に、アクションが反映されます。
※追跡QRのアクション設定でシナリオ操作を設定した場合、「無視する」「無視しない」設定に関わらず友だち追加時のシナリオは配信されません。
 
⑤ ③で設定したアクションの実行を毎回行うか、友だち追加時のみ行うか選択できます。
 
 
 
 
 

〔更新〕ボタンをクリックして設定完了です。
 
 
 
 
 

関連動画

 

★友だち情報の使い方の動画はこちらから視聴できます。

 

 

友だち情報欄を作成することによって「メールアドレス」「イベント参加日」など、

友だちの情報を管理することができます。

 

 

 

 

 

★インターンシップ参加QR、お礼メッセージの使い方の動画はこちらから視聴できます。

 

 

LINEで読み込むQRコードの作成方法をご紹介します。

活用例として、インターンシップへ参加いただいた学生へQRコードを読み込んでもらい、

参加タグとお礼メッセージを配信することができます。

 

 

 

 
(Visited 65 times, 1 visits today)

この記事は役に立ちましたか?

QRコード作成